ドライブファイルストリーム好調です

person touching macbook pro
Photo by rawpixel.com on Pexels.com

今年の3月から、すべてのパソコンの書類フォルダをG Suiteのドライブファイルストリームを使ってGドライブに置く方法に切り替えてやってきましたが、結果は非常に良好で、信頼性も高いと感じています。

今までは、DAWのデータはDAWのPCのHDDにあり、シベリウスのデータやメールなどはMac側にあり、共通で使いたいデータはDropboxにあり・・・みたいな状況でしたが、現在はすべての仕事フォルダはGoogleドライブ内の1箇所にあり、iMac、Macbook、iPhone、iPad、DAW用PCの全てから同じものにアクセスできるようになりました。

そして折角容量無制限なのですから、音ネタのフォルダもGoogleドライブに移しました。短いクリップであればオンラインアクセスでもあまり問題がないことがわかりました。DAW用PCからのアクセスはもちろんオフラインアクセスにしています。実際はネットに繋がっているので、変更を加えると直ちにクラウドに反映されますが、実際にDAWがアクセスするのはローカルにある隠されたコピーという事になるので、スピード的にもほぼ問題がありません。

もちろん完全ローカルディスクの状態よりは若干モッサリしてしまうのは仕方ありません。でもそれ以上のメリットがあるので、このやり方でしばらく行くことにします。

DAWプロジェクトファイルのバックアップは、ひとつはローカルに、もう一つはDropboxに取るという方法にしています。これで一応「バックアップはひとつはローカルに、もう一つはクラウドに」という原則もクリアしていますし、万が一ネットワーク障害でGoogleにつながらない時でもDropbox側にもうひとつバックアップがあることになります。